製品紹介
(測温抵抗体ロガー)






2CH測温抵抗体データロガー NSL-KR350
 専用測温抵抗体2本が接続可能な大容量データロガー。
 別売の測温抵抗体プローブの接続で高精度・長期測定が可能。
 45×28.5oの液晶ディスプレイに2CHの測定値を同時表示。
 各CHに2ポイントのアラーム表示設定機能付。
 測定間隔は1秒から24時間の間で自在に設定が可能です。
 メモリは100,000データ (50,000データ/CH) と大容量。
 3.6Vの専用リチウム電池使用で約5年の電池寿命。
 1000データ/秒とパソコンへのデータ転送も高速です。
 
                              ☆仕 様






高精度測温抵抗体データロガー NSL-P101A
 白金測温抵抗体Pt100Ω4線式を使用した高精度データロガー。
 2線式・3線式測温抵抗体Pt100Ω接続にも対応。
 分解能0.001℃、
精度±0.05℃(at25℃)の高精度を実現。
 データロガーの端子台に配線するだけの簡単接続です。
 メモリ数は1,340,000データと大容量で、長期間測定も可能です。
 メモリデータは、専用USBケーブルで簡単にPCへ転送出来ます。
 保存データはエクセルでの処理も可能です。
 不揮発性メモリーにより、電池切れでもデータは消失致しません。
 ロングライフバッテリー、電池交換も簡単に行えます。
 電源:3.6Vリチウム電池 1個 ※測温抵抗体は別売です。
                                
   ☆仕 様





マルチチャンネル測温抵抗体データロガー NSL-TD32P
 測温抵抗体Pt100Ωセンサが最大8本接続可能なデータロガー。
 64ブロックで構成されるフラッシュメモリにより、各チャンネルごとに
 96,000の測定データの保存が可能です。
 測定インターバルは1秒から1時間内の11通りで設定が可能です。
 メモリ方法はデータ上書きかデータ飽和でストップかを選べます。
 即時スタートや計測開始・終了時間を設定しての測定が出来ます。
 本体上の15キーによりPCを介さずロガーの設定が行なえます。
 測定と共に、4チャンネル分の測定データの同時表示が可能です。
 ログデータのMAX/MIN/AVG値の演算が可能です。
 電源は単2アルカリ電池4本またはACアダプタ(OP)
 電池寿命:約200時間(測定インターバル・使用環境により異なります)
                            ☆仕 様